アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風【15話】最新話のネタバレと感想!

投稿日:

前回、ミスタがペッシーのスタンド、ビーチボーイの罠に引っ掛かってしまったところから始まる。

ミスタは手に引っ掛かった釣糸を切ろうと弾丸を打ち込みが、まったく切れず。次に、体内に弾丸を撃ち込みセックス・ピストルズに釣糸を止めようと試みるも、セックス・ピストルズの力では止めきれなかった。もうペッシー自体を探すしかないと判断する。釣糸が延びてる方向に弾丸を撃ち込み、セックス・ピストルズにペッシーを探してもらうという戦法にでた。そして、ペッシーを発見し、そのそばにある氷を破壊することに成功。氷が破壊されたことにより焦ったペッシーはスタンド能力を解いてしまう。

ミスタはペッシーに「二秒だけ数えてやるから質問に答えろ。これに答えようが答えまいが、弾丸を撃ち込む。」といって、二秒数える。ペッシーは知らないと答え、打たれるかと思ったとき、よぼよぼの乗客がミスタを妨害する。しかし、その乗客と思われたおじいちゃんはなんとプロシュート自身だった。プロシュートに体を捕まれたミスタはみるみると歳をとり、動けない状態に。そして、頭に三発、銃で撃ち込まれる。ミスタは死んでしまった?

ミスタを始末したプロシュートたちは、最初にペッシーが生物の気配が二つあるといっていた運転席が怪しいとにらむ。そして、ペッシーが最初に気になった椅子の下を覗き込む。なにもない状態だったが、プロシュートが椅子の近くに動物の糞を見つける。この生物は物陰を移動していると考えたプロシュートは周りのものを排除し物陰を探す。そこで、ブチャラティーたちが中にいる亀を見つけてしまう。

ついに、見つかってしまった亀。プロシュートはその亀をザ・グレイトフル・デッドで攻撃しようとする。しかし、亀の中に一人いないことに気がついたペッシーが攻撃をやめさせる。いなくなっていたのはブチャラティーだった。

実は、ミスタが生きていてセックス・ピストルズのNo.5が氷をもっていて、頭に撃たれた三発の弾丸をギリギリのところで止めていたのだ。そして、No.6を氷で回復させブチャラティーにこの状況を伝わせにいっていたのだ。

それを知った、ブチャラティーは先に外に出てスティッキー・フィンガーズの能力で天井に隠れていたのだ。そして、プロシュートに攻撃を仕掛ける。プロシュートとブチャラティーとの戦闘が行われるなか、プロシュートはペッシーにチェリッシュさえ生け捕りすれば良いと言われ、亀に攻撃をしようとする。それをブチャラティーが蹴りで止め、ペッシーを気絶させる。再び、プロシュートとブチャラティーとの戦闘が始まる。ブチャラティーのスティッキー・フィンガーズのほうがスピードがあるため、戦いは優勢に進むかに思えた。しかし、かなり動いたことによって体温が温まりザ・グレイトフル・デッドの能力で老化が早まってしまった。動きが遅くなったブチャラティーを捕まえ、勝ちを確信するプロシュート。しかし、ブチャラティーの後方にジッパーがつくってあった。そして、ジッパーを展開し電車の外にプロシュートとともに飛び込んだ。

ここまでが今回の物語です。

-ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.