アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

からくりサーカス

からくりサーカス【アニメ動画】14話ネタバレと感想!

投稿日:

からくりサーカス14話ネタバレ

フランシーヌ人形の前で戦いを繰り広げていた『しろがね』達は、たくさん集まってきていたオートマータ達の中で最古のオートマータであるレ・キャトルピオネールの4人のうち、パンタローネとアルレッキーノを残して破壊することに成功していたが、多くの『しろがね』達も戦いの中で散っていた。
心臓が止まり、石化が始まった手足に戦闘用操り人形の手足を移植された鳴海を見たミンシアは『みんなの思いがこもっている』と言うロッケンフィールドの言葉に『それはわかるけど、これってミンハイ(鳴海)なの?』と言ってしまう。その言葉にファティマが『鳴海は鳴海です』と答える。

鳴海の手術を行っていたロッケンフィールドは、パンタローネとの戦いのダメージで体が石化しようとしていた。手術を代わるというファティマに『嫌だね』と、らしくもなく舌を出して答える。『嫌な時に、訳は不要』だと鳴海に教わったのだと言う。
ゾナハ病から家族を守るために『真夜中のサーカス団』の本拠地へ来たロッケンフィールドは、鳴海を見ていると希望が持てる。彼のような男がいれば安心して死ねると話し、最後の一針を縫うと『人間というのは、なんと美しいのだろう』と言葉を口にして、砕け散ってしまった。

治療室の外に残った『しろがね』は、ジョージ・ラローシュただ一人になっていた。
コロンビーヌからの攻撃でフラフラになりながらも、フランシーヌ人形そっくりのアンジェリーナ人形から言われた『控えよ』との命令で動けなくなっているパンタローネとアルレッキーノの元へ向かうが、アンジェリーナ人形のことを『フランシーヌ様ではない!!』と言って破壊することに成功したパンタローネとアルレッキーノにやられてしまう。

治療室の中では、手術が終わったのに目を覚まさない鳴海にファティマがそっとキスをする。
動揺するミンシアにファティマは、フランシーヌ人形を倒しに外へ出ること。そうすることで、治療室から目をそらすことができ安全になる。鳴海を死なせるわけにはいかないと話す。
『こんな気持になる私は、もう『しろがね』じゃありませんね。鳴海さんに元気でとお伝えください』と治療室を出て一人でパンタローネとアルレッキーノに向かって戦い行く。
しかし、パンタローネに人形を破壊され、アルレッキーノに炎の攻撃を受けてしまう。

治療室の中で、ミンシアは泣きながら鳴海に起きてほしいと訴えていた。そして『あんたの立っている姿が好きだったよ。もう一度見たかった』と鳴海のことをそっと抱きしめると、機械が動き出す音がして、鳴海の目から涙が溢れ出した。
『全部聞いていた。操り人形の手足じゃない!みんなの心そのものだ!』と言って起き上がった鳴海は、前髪と左目以外が全て『しろがね』達と同じ銀色に変わっていた。

治療室から出てきた鳴海は、キズだらけになったファティマを見つけて攻撃をしていたパンタローネを殴り倒す。殴られたことに『人間に負けるはずはない』と怒り狂うパンタローネを更にボコボコにした。鳴海の攻撃に耐えることができなかったボディがひび割れて疑似体液が漏れ出してパンタローネ倒される。
アルレッキーノは人間であるのに挑んできていた鳴海に尊敬すらしていたのに、人間ではなくなった鳴海に失望したと言うが『人間は死ぬからキレイなのではなく、死ぬほどのめにあっても、にっこり笑えるからきれいなのだ』鳴海は言ってアルレッキーノを倒した。
それを見ていたファティマは満足して石化していた体が砕け散ってしまった。

とうとうフランシーヌ人形の元へたどり着いた鳴海だったが、そこにいたのは本物のフランシーヌ人形から作られた人形で、ゾナハ病はそこにいるフランシーヌ人形を倒してもなくならないことに絶望する。

場面は、ギィと『しろがね』(エレオノール)が話をしているところへと変わる。
勝がいなくなったことを心配するエレオノールに、ギィは『少年には、何がどうしても自分の力でやりとげたいこともある』と話し『お前は守らぬ愛もある』も言うことを知るべきだと諭して帰る。
悩むエレオノールの前に鳴海が現れ、エレオノールは喜ぶが記憶を失っている鳴海はエレオノールを攻撃をする。
鳴海は、クローグ村の生き残り『元しろがね』のフールと名乗る男から、才賀エレオノールが飲んだアクア・ウイタエにはフランシーヌ人形が溶けていた。だから、エレオノールが本物のフランシーヌ人形なのだと教えられたと話し、ゾナハ病の治し方を教えろと問い詰めるが、知らないと言うエレオノールのことを殺そうとする。
鳴海にもらった命なのだから、鳴海のためになるなら、差し出すと言うエレオノールを殺そうと『あるるかん』の腕である左手を振り上げた時、記憶を無くす前のエレオノールの顔や姿が頭の中で流れ…
エレオノールが目を開くと、鳴海は砂浜に足跡を残しいなくなっていた。

 

からくりサーカス14話の感想

ギィ!!二人のことを知ってるから解決できるでしょ??
なんでもかんでも知ってるでしょ!?
と、物語をいきなり終わらせてしまう勢いで、フランシーヌ人形のことも知っているのではと期待込めて、ギィに助けを求めてしまう。
崖の上にいないの??二人の事を助けに来て~!

やっぱり、勝はどこかへ行ったまま。
胡散臭そうなおじいさんが言っていたことは本当なの?ゾナハ病は治らないの!?

またまた、次回が気になる~
そして、うろちょろしててオートマータ達から『つまらぬ人間』と見逃された阿紫花さんはどこ行ったのかな?

-からくりサーカス

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.