アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

五等分の花嫁

五等分の花嫁【アニメ動画】第2話ネタバレ感想!屋上の告白

投稿日:

第2話 屋上の告白
 第一話目の最後に、中野五月から家庭教師の件について「勝手にすれば」と言ってもらえていた上杉風太郎は、さっそく5人姉妹の実力を見るためにテストを実施します。
「50点取ったら金輪際近づいたりしない!」と自分の状況を把握している風太郎は宣言しました。この自虐的な言い回し私は嫌いじゃないです♪
 果たして、5人姉妹の成績は100点!・・すごいじゃんではなく5人姉妹の合計点が?
風太郎は先行き暗い道のりを確信するのですが、割のいいバイトをフイにする訳にはいかない!これは、一人づつ信頼関係を築いていくしかないと思い直します。
 学校に高級車で登校してきた5人姉妹は、自分で勉強をすると風太郎に豪語しますが、それではテストの復習をしているはずだと詰め寄られ、第一問目(厳島の戦いで毛利元就が破った武将を答えよ)と確認しますが誰も答えられません。
風太郎は、テストの回答一覧表を作っていました。その一問目を三玖が正解している事に気づき、学食で三玖に声を掛けます。持っている昼食は、サンドイッチ350円に抹茶ソーダ。すかさず、サンドイッチの金額を確認するところが貧乏くさい!
そこへ、一花と四葉が来たので風太郎が勉強をしようと誘いますが、一花は勉強よりも青春エンジョイ恋がしたいと言います。しかし、風太郎は恋などする奴は人生のピークが学生時代となると豪語します。四葉はその話を三玖に振ります。いきなり、話を振られた三玖は頬を染めながら「いない」と立ち去りますが、四葉と一花は三玖が恋していると断言します。一般の高校生は恋愛の話に花を咲かせますよね、若いっていいですね羨ましい。
 教室に帰った風太郎は、机の中に三玖からの手紙を見つけます。中には、話したい事があるから屋上に来て欲しいと書いてありました。先ほどの四葉と一花の言葉「三玖は恋してる」相手は俺?!と勝手にラブレターだと勘違いしてニヤついている風太郎をみて、五月に気持ち悪いと言われます。性格悪い割には、単純ですね。風太郎は、体の悪いいたずらだと自分に言い聞かせながら屋上に行くとまだ三玖は来ていません。やっぱり、と思っていた所へ三玖がやって来ます。三玖が顔を赤らめながら「す・・す」と言えば好きなのか?と勘違いしますよね。しかし、たぶん皆さんも好きという言葉ではないと想像できたと思いますが、「陶晴賢」?(すえはるかたワープロでちゃんと変換出来ました♪)朝の問題の答え。
三玖は、戦国武将が好きだと言う事を告白しました。これはチャンスと考える風太郎は戦国武将の話を釣りに三玖を懐柔しようとしますが、三玖は戦国武将の逸話で切り返します。その切り返しを受けて立つ風太郎が勝ったと思っていた所で、三玖が友好のしるしと抹茶ソーダを「鼻水なんて入ってないよ」と渡しますが、その意味が分からず固まった風太郎を見て逸話を知らない風太郎に教わることは何もないと言い放ちます。
 勝った!と思っていた風太郎は、悔しさのあまり図書館で戦国時代の図書をすべて借りて帰ります。次の日、戦国時代の逸話で負けないと勝負を挑む風太郎ですが三玖は、武将しりとりと言って逃げていきます。追いかける風太郎、力が尽きた三玖になけなしの小銭で抹茶ソーダを買い「鼻水は入ってない」と、石田光成が大谷吉嗣の鼻水の入ったお茶を飲んだという逸話を伝えました。色々と話をするうちに、風太郎に対して三玖の気持ちが少し緩くなった瞬間でした。
 放課後、四葉と勉強をしていた所へ三玖が現れ、勉強が出来ないと思っていたけど私にも出来るんじゃないかと、風太郎に責任取ってと言ってしまいます。そんな三玖に四葉が、三玖の好きな人は上杉さんじゃあ?と詰め寄ると頬を染めた三玖でした。
一人一人懐柔されていくのでしょうね♪次回は誰が取り込まれるのでしょうか?

-五等分の花嫁

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.