アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

からくりサーカス

からくりサーカス【アニメ動画】15話ネタバレと感想!

更新日:

からくりサーカス15話ネタバレ

物語は新たな展開に!
どこに行ってしまったのかわからなかった勝が鳴海に語りかける形で始まる。

勝は、小さい頃に母親と二人で暮らしていたアパートに来ていた。
ボロボロになったアパートの前で、学校から帰ると母親が死んでいて、一人っきりのお葬式の後、弁護士に連れて行かれた才賀家でのことを思い出していた。
どうしても思い出せない父親・才賀貞義の顔。
愛人の子だからと厄介者扱いで居場所がなかったこと。
優しかった才賀正二、おじいちゃんのこと。
虫取りや凧揚げなどを教えてくれたおじいちゃんは、
人形がたくさんある部屋で、才賀に生まれた男はどういう訳か、人形に興味を持つのだと言い
『もし、大人になる前にお父さんがいなくなって変なことがあったら、あのカバン(あるるかんが入ったトランク)を持って逃げなさい。しろがねがきっと守ってくれるから』と言った。

バスに乗って軽井沢まで来た勝は、前に誘拐されて連れてこられ、鳴海が行方不明になってしまった場所。
燃え尽きてしまった『からくり屋敷』に来ていた。

何もかも燃え尽きてしまったように見える場所で会った管理人から、
30年前ほど前に君のお父さんから『勝という子供が来るから渡してくれ』と言われたんだと、たくさんの鍵と手紙を渡される。

『今は勝よ』という不思議な書き出しで始まる手紙。

『この鍵を受け取っているということは
記憶の伝達に間違いがあったということだ』

自分の考えで来たはずなのに!!
30年も前から来ることが決められていたのかとゾッとする勝は、手紙に書いてあった扉の鍵を持って『からくり屋敷』があった場所へ行き、鍵と同じマークの扉を見つけて開く。

扉が開くと再生するように仕掛けられていた蓄音機から才賀貞義・父さんの声が流れてくる。

ここにいるということは、自分のことが知りたいのだろう。
養子である自分になぜ、莫大な遺産を譲ったのだろうと。

お前は、才賀勝ではない。
以前はそうであったが、今は、他の記憶、性格、知識をその脳に秘めた別人なのだ。

莫大な遺産や全ては、勝ではなく、才賀貞義が才賀貞義。私であるお前に譲ったのだ。

才賀貞義は才賀勝になったのだ。

全ては一つの目的のために計画されたのだ。

『でも、僕は僕だよ!』と叫ぶ勝に
蓄音機の声は、記憶が再生されなかったときのために、勝の脳の中に埋め込まれた生体チップへと貞義をダウンロードする方法を、そして思い出すのだと語りかける。

部屋の中にたくさんある勝サイズの服や靴。
自分の意思で来たはずなのに誘導されていたこと。

母親が死んで引き取ってくれたのは自分の体を得るためだったこと、
自分のことを気遣ってくれていたのは、体に入るためだったのだと、
蓄音機から流れる『お前は才賀貞義なのだ。思い出せ』との言葉に自分のことがわからなくなり混乱する。

『僕は一体誰・・・』と混乱しながら部屋から出た勝の前に
才賀正二・おじいちゃんに恩があるという人形遣いが才賀貞義を殺すと襲いかかってくる。

『お前がアレを生き伸び、万が一、才賀勝の体を得たときにここへ来ると正二様が言っていた』

と襲いかかってくる人形遣いから逃げて部屋に戻った勝は、貞義が残したトランクに、もらった鍵を差し込んで開けようとするがなかなか開けることができないでいると、勝のことを『貞義さま』と呼ぶ不思議な声がトランクに入った人形の使い方を教えてくれる。

トランクから出てきたのは、エジプトの遺跡にあるようなデザインのとても大きな人形だったが、声の言う通り力を込めて操ることで、追いかけてきていた人形遣いの人形を倒すことができた。

ほっと一息ついたときに、聞こえてきた声に勝が『誰なの?』と問いかけると、
小さな青い羽の生えた生き物が飛んできて自分のことを『貞義さまに作られたグリュポンだ』
『何かのミスで思い出せないときお世話をする係さ!』と教える。

しかし、人形を使って相手を倒したことで、襲ってきた人形遣い達は勝のことを貞義で間違いないと思って更に人形を使って襲いかかってくる。
次に襲いかかってきた人形使いの人形を、勝はグリュポンのサポートを受けながら2つ目のトランクに入っていた骸骨の海賊人形を操ることで倒す。

『父さんは何者だったのか、なぜ狙われているのか』
まだ聞きたいことがあると言う勝にグリュポンが『まだ残っている人形があるだろう!』と言って
3つ目のトランクを開けさせると『ジャック・オ・ランタン』の人形が出てくる。
釜付きの箒に乗った人形に乗って逃げていった人形遣いを追いかけることに。
しかし、追いかけていた車から出てきた網で捕まってしまう。

黒賀の村では、広い部屋にある大きな水槽のようなものの中に上半身だけになった才賀正二が浮かんでいた。
気遣う黒賀村の長に才賀正二は貞義が死んだことを確かめるが、長が『からくり屋敷』に現れた勝のことを告げる。
才賀正二は、貞義が勝の脳にダウンロードしてしまったのだと嘆き、
『どうしても訪ねたいことがある』と連れてくるように頼んだ。

優しかったおじいちゃん、そのおじいちゃんのお葬式の夢を見ていた勝が目を覚ますとそこには、才賀正二の姿が。
喜んで駆けよる勝に『止まれ!貞義!』と・・・

 

 

からくりサーカス15話の感想

怪しいグリュポンなる生き物が登場!!
喋り方からのり!!妙に明るくて怪しい~!!!
どこに行っちゃったのか気になっていた勝が出てきたけど、これまた大変なことに!

あんなに怪しい部屋で椅子に座って人格ダウンロードしろって・・・
無理!!怖すぎだよ!
自分消えちゃうかもしれないのにやるって思って準備しちゃってる勝のお父さんの貞義って。
ヤバすぎでしょ!!

せっかく生きてた??おじいちゃんも怖いし。
優しさがほしいです!しろがね助けて~このままじゃ、勝消されちゃうよ~

-からくりサーカス

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.