アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

魔法少女特殊戦あすか

魔法少女特殊戦あすか【アニメ動画】1話感想

投稿日:

月刊「ビッグガンガン」にて連載中同名コミックが原作となっています。
かつて人類は冥獣と戦っていた。ディストニア戦争と言われた戦いは3年前に終結。
戦争で活躍した魔法少女 大鳥居あすかはその役から退き、普通の女子高生としての生活を送っていた。過去の戦いの記憶からか、どこか人を遠ざけ、自分から友人を作ろうとはしていないようにも見えるが、羽田紗綾子などが明日香に親しくなろうと声をかけたことをきっかけに少しずつ親しくなっていく。
魔法少女ではない生活を選んだ大鳥居あすかは、高校生になってからはもう人殺しはしないと決意していた。しかし、謎の人物はもう一度戦ってくれないかとあすかに接触してくる。あすかは「もう人は殺さない。私が戦うと周りの人も殺されてしまう」と。実際、魔法少女として戦っていたころ、あすかの両親も冥獣によって殺された犠牲者になってしまっていた。「両親を返してほしい」といったあすかに対し、2匹の冥獣はかわいい顔をして「返してあげるよ。少しずつね」と。「あすかへ」と書かれた箱の中には親の手と思われるものが入っていた。これがあすかにとって大きなこころの傷となっている。
しかし、そんなある日街中でテロが発生。何かの事件の犯人のような人物が移送されている最中に移送車が攻撃され、犯人は逃走。逃げるために街中にいた一般市民を次々に射殺。あすかが親しくなった同じ高校の同級生、羽田紗綾子にもその銃口が向けられる。もう人殺しはしないと、戦わないと決めていたあすかだったが、友人に銃口が向けられたことで再び戦うという選択をする。
第1話での感想は冥獣が一見かわいいマスコットのようなキャラクターであるにも関わらず、残酷な殺人をするような猟奇的な存在であるという部分が見ていて不気味であり、こわいなと思いました。
もう一度戦うことを選択した明日香が、今後どのような運命をたどっていくのかが気になるところです。今後他にも魔法少女が登場していくようなので、そこも気になります。また、以前の戦争とこれからの戦いはどう関連があるのか、戦う目的は…いろいろと見どころはたくさんありそうです。キャラクターデザインもかわいいですね。まだまだ疑問や謎ばかりで、早く第2話が観たいです。

-魔法少女特殊戦あすか

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.