アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風【17話】最新話のネタバレと感想!

投稿日:

メローネがブチャラティーの血液を採集したところから始まる。

メローネは列車に乗り込んで、一般の女性乗客者に生年月日や血液型を聞き出したり、調べたりして、パソコンのようなものに打ち込む。そのパソコンがスタンドとはり、女性に詰め寄る…

その頃、ブチャラティー達はトラックの中に乗り込み、亀甲の背中にはめ込んである鍵の中で過ごし、移動をしていた。その途中、ミスタのスタンド、セックス・ピストルズのNo.2とNo.3が運転手を盗んだことで、運転手が亀の存在に気がついてしまう。ばれないように、ミスタが運転手を殴って、トラックは止まってしまう。

メローネに情報収集をされていた女性が気がついたときには、メローネとスタンドはいなかった。女性は駅員を呼び、苦情や暴言を吐く。

メローネは列車の外にいてパソコンのようなものをいじっていた。ここで、徐々にメローネのスタンド能力がわかってくる。今回の場合、ブチャラティーの血液をつかって、DNAを採集し、選んだ女性にスタンドの子供をつくらせ、パソコンを通して学習させ、DNAの持ち主を追跡できる遠隔操作型スタンドだった。さらに、恐ろしい能力が明らかになる。女性が列車の廊下に飛び出した時、急にバラバラになったのだ。このスタンドは生きているものをバラバラにする能力も持っていた。その名もベイビィ・フェイス。ここから、ベイビィ・フェイスはバイクでブチャラティーのもとへと向かうのであった。

トラックが止まってしまったので、新しい車を盗む流れとなった。アバッキオ、ミスタ、フーゴ、ナランチャは車を探しに、ジョルノは鍵の中にいるブチャラティーに報告するという形になった。しかし、ジョルノは建物の裏に怪しいバイクを見つけた。

鍵の中では、トリッシュがいなくなっていた、ブチャラティーがいすの裏を見るとトリッシュの手だけが出ていて、その他はキャビネットの中にバラバラになって入り込んでいた。敵のスタンド攻撃かと思ったブチャラティーは、スティッキー・フィンガーズを出現させるも、敵のスタンドて先制攻撃を受け、バラバラにされてしまう。二人は敵の囚われの身のなってしまった。この敵のスタンドはベイビィ・フェイスであった。

ジョルノは一応用心するように伝えるため、報告しようとするが、そこに二人の姿はなかった。敵のスタンドがいることに気がついたジョルノはアバッキオ達に伝えようとするが、ベイビィ・フェイスに喉を攻撃され、声が出せなくなる。伝えられないのなら、倒そうとキャビネットに攻撃するも姿が見えない。そのことに動揺するジョルノ。その時に、足と目を削り取られてしまう。

ジョルノはベイビィ・フェイスの姿を見つけるべく、亀甲から鍵を取り出す。鍵は亀甲にはめ込むと能力を発動することを逆手に取って、鍵の中から外にだそうとする。
外に出たのは、キャビネット自体だった。キャビネットは石に姿を変え、地面に落ちる。その事から、ベイビィ・フェイスの能力は生命のあるものをバラバラにして、別なものに組み換える能力だと推測。ジョルノは、ゴールド・エクスペリエンスで攻撃を仕掛けるが、自分自身をバラバラに攻撃をかわされてしまう。ジョルノはさらに、喉に攻撃をうけ、致命的なダメージをおってしまう。

ジョルノは倒されたかのように見えたが、ベイビィ・フェイスの能力を参考にゴールド・エクスペリエンスで物体を自分の足、喉、目にして再生させることに成功した。ジョルノは反撃に出る。バイクで逃げようとしていた、ベイビィ・フェイスをバイクの一部を植物の根に変換させ、身動きを取れなくする。ベイビィ・フェイスはバイクと亀を捨て、バラバラになり、再び石ころになりすます。メローネはベイビィ・フェイスに亀をわざと拾わせ、その隙をついて攻撃するように命令する。ジョルノは、バイクの漏れたオイルが亀にかかりそうだったので、すかさず亀を拾う。そこに、隙を狙っていたベイビィ・フェイスが攻撃をして、ジョルノの右手がふっ飛ぶ。しかし、右手はぶっ飛んだわけではなく、自ら切り離しピラニアに変換させ、ベイビィ・フェイスを体内から食いちぎらせるものだった。

ここまでが今回の内容です!

-ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.