アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

ポケットモンスター

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】107話ネタバレ感想

投稿日:

ポケットモンスター サン&ムーン 107話

今回のポケ問題は、カキから出題です!

【今日のバトルでカキがバトルをするのは誰?】

青 カプ・コケコ

赤 カプ・テテフ

緑 カプ・ブルル

黄 カプ・レヒレ

が、問題です。

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】107話 【走れカキ!己を超えて!!】

ポケモンセンターで朝ごはんを食べるシーンからのスタート。

朝ごはんはマオの手作り。

ポトフ、マラサダドーナツ、クッキーなど、ポニ大根を使った料理で、みんなから好評です!

スイレンは、思わず「マオちゃん、天才…!」とつぶやくほど。

いいなぁ、その料理実際に食べてみたいと思ったのは、私だけではないはず!!

そんなスイレンはあくびをしているので、カキが「めずらしいな?」と聞くと、スイレンはオシャマリとのバルーンの特訓で寝不足なんだと話していました。

そうです、スイレンのアシマリは前回オシャマリへと進化しましたね☆

進化といえば、マーマネのデンヂムシもクワガノンへと進化しました。

二人はポニ島での自由研究の課題はめでたくクリアすることができています!

ロトムが、「他のみんなも頑張るロト!」と激励します。

マオは、この料理をハプウに食べてもらうことを、

サトシは、今日こそはカプ・レヒレとバトルすることを、

カキは、今の己を越え、今までの集大成としてカプ・レヒレとバトルがしたいと熱く燃えます。

サトシとカキは一緒に出発する事に。

 

朝ごはんは終わり、ハプウの畑へマオ、マーマネ、リーリエが料理を持ってやってきました。

ハプウは今日も畑仕事に精を出してます。

メレメレ島で食堂をしているマオはポニ大根を使った新メニューを考えており、ポニ大根のことを良く知るハプウに料理を食べてもらい、感想を聞きたくて訪れたのでした。

ハプウは快く引き受けるが、「ポニ大根は、そのままかじるのが1番美味しいんじゃ」とはじめに念押しすると、その食べ方の一連の流れをみせてくれた。

ながーいポニ大根を折らないように上手に抜き、綺麗に水で洗ってそのままがぶり!

うーん、うまい☆と満足気。

そして、3人にも食べてみ、と大根を渡すとマーマネががぶり。

その大根の絶妙な美味しさに心打たれました。

何度もいいますが、美味しそう!実際に食べてみたい~!!

 

一方のカキとサトシは、遺跡に向かっています。

向かう途中、先に遺跡についたほうがカプ・レヒレとバトルするんだと負けず嫌いな二人はいつの間にか歩きが競争に。

ケンカするほど仲がいいとは言いますが、高めあえる二人の関係はなんだかいいなぁと思ってしまいます(^^)

先に走り出すカキ、それを追うサトシ。

ポケモンたちもついていくのに必死です(笑)

抜いて抜かれてを繰り返しながら競争は続き、タッチする岩が見えてくると二人は互いに負けん気で全力疾走!!

岩にタッチするのはどちらが先か!?

「オレの勝ち~!」

同時に二人が言うので「俺のほうが早かった!」「いや俺のほうが早かった!」とまたまたケンカに(笑)

見かねたロトムによって写真判定する事に。

写真を見ても、やはり同着。

それなら、どちらから先にバトルをするのか、カプ・レヒレに決めてもらおう!ということで、池に向かって呼びかけてみる二人。

カキはカキらしく丁寧に守り神にご挨拶を…

サトシはサトシらしく友達を呼ぶように話しかける。

そんな雑な呼ぶ方があるかと注意するカキ。

だったら、俺たちでバトル使用と提案するサトシ。

サトシはグラジオとバトルしたときにカプ・レヒレが姿を現してくれたことをカキに話すと、カキもそれに賛成、バトルをする事に。

熱いバトルなら!ということでルールはダブルバトルに決定。

サトシはニャヒートを繰り出しました!

 

こちらはビーチ。

スイレン、オシャマリ、ナギサ(イーブイ)が特訓中です!!

 

そしてまたこちらはハプウの家で料理の試食。

ポニ大根は採りたてそのままが一番美味しいと言っていたハプウですが、マオの料理を食べるとほっぺが落っこちる勢いで「生のままかじるのもいいが、こういうのもまた良いな」と高評価だったので、マオも安心、嬉しそう♪

こっちの料理も食べてみて、とマーマネが差し出すが、食べたいところだけど畑仕事が残っているからとハプウは席を立ちます。

私たちも手伝うよ!と3人も立ち上がります。

 

サトシとカキはバトル中!

ピカチュウ、ニャヒートのサトシに対してガラガラとバクガメスのカキ!

お互いに技を繰り出します。どちらも強いです!

サトシもカキもバトルを楽しみます。

もっともっと!となっているとき、あたりに霧が出てきました。

動くと危険だからと、じっとしていようと話すカキ。

するとサトシの身に何かが起こった様子!

うわぁ!という叫び声にカキは驚きます。

 

ハプウの畑では、3人はハプウからポニ大根の折れない抜き方を教わっています。

僕たちにもやらせて!というマーマネですが、いざ抜くときにはクワガノンがお手伝いです。

クワガノン、大根を抜くのがとても上手!

 

カキはサトシを呼び、大丈夫か聞きます。

すると霧の中でなにかバリアのようなもののなかに、カキ以外のサトシとポケモン達が捕えられているではありませんか!

それは簡単には出られず、カキも外から近づきますが、強い力で跳ね返されてしまいます。

そうしているとカプ・レヒレが現れ、同時に老人が一人現れ、カプ・レヒレがお怒りであることを告げられます。

老人の話では、カプ・レヒレの怒りの原因は、バトル中にこの神聖な地を傷つけたことが重大な罪であるということでした。

カプ・レヒレの怒りを静めるには、命を持って償うのだと言われ、サトシもカキもカプ・レヒレに謝ります。

すると、カプ・レヒレはカキの腕に「水時計」をつけ、手にはケースを渡されます。

水時計の水が落ちきるのがタイムリミット。

それまでにカプ・テテフの凛粉を持ってくるように、とのことでした。

間に合わなければ、捕らわれているみんなの命はないと言われ、カキは手元のリザードンを呼び出すと、すぐさまカプ・テテフのいるアーカラ島を目指して飛び立ちました。

サトシはカキの身を案じながら、見送りました。

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】107話 後半

ビーチでは特訓の休憩をするスイレンが特訓の後のお昼寝は最高~とつぶやきながらオシャマリ、ナギサと寝転んでいます。

 

一方、ハプウの家でもポニ大根を使ったマオの料理に「最高じゃ~」とハプウの声。

どれも美味しい!とハプウからお墨付きをもらったマオは、ポニ島ならではの伝統料理も取り入れたいんだけど…というと、ハプウは「それならもふもふ大根はどうか?」と提案しました。

昔ソフウがハプウに良く作ってくれたのだというそのメニューに、マオは挑戦したい!と乗り気です♪

早速マオが作ってみんなで試食。

みんなからも好評で、ハプウも昔を懐かしんでいるようで、マオも食堂のメニューにぴったり♪と喜んでました。

もふもふ大根、どんなかな…機会があれば再現料理、作ってみたいものです♪♪

 

 

カキは、アーカラ島に到着、守り神カプ・テテフを呼び出します。

仲間の命が危ないので、凛粉を分けてほしいとお願いしてみると、カプ・テテフはバトル空間を作り出し、攻撃してきました。

バトルしろということか…と理解したカキ、リザードンと応戦します。

このバトルでピンチに陥ったとき、幼少期の頃の祖父の教えであった、身も心もひとつにしたツバメ返しを思い出し、カキは「見ててくれ、じいちゃん!」と挑戦してみることに。

ツバメ返しは成功!

殻に収まってかわしたカプ・テテフは顔を出すと、凛粉を分けてくれたのでした。

カキがお礼を言うと、カプ・テテフはご機嫌に森の中へ去っていき、カキは急いでリザードンとともにポニ島目指して戻ります。

ポニ島で待つサトシ達を捕えていたバリアは解け、老人がこういいます。

「逃げたければ行ってもよい、そのかわりにカキの命をもらう。カキはおぬしらを置いて逃げたんじゃ、もう戻ってはこん」と。

サトシは「カキはそんなやつじゃない!カキは絶対戻ってくる、俺たちは仲間だもん!」というと、元いた場所に座り込むと、ポケモンたちも一緒に座り込んだ。

サトシはカキを信じて待っていた。

カキは戻る途中、水時計にはまだ少しの余裕がある。急ぐが、バトル後のリザードンは体力の限界が迫っており、ポニ島に着くと地面に倒れこんでしまった。

リザードンをねぎらうとボールに戻し、カキはそこからサトシのいる場所目指して自力で走ることに。

転びながらも体力の限界を超えても、仲間のために己を超える!と走り続けます。

 

ハプウの家では、今日は楽しかった、ありがとうとマオが言うと、ハプウも楽しかったと、マーマネ、リーリエも楽しく過ごせて、3人はまた遊びに来るねと約束し、別れた。

3人を見送るとハプウは手持ちのポケモンを呼び出し、「寂しいから出したわけではないぞ」と強がっていたが、それだけ楽しかったということが伝わってきますね☆

 

その頃、老人はサトシに「そろそろ時間じゃ、やつはもどってこんかった」と話していたとき、カキが到着!!

カキは到着するなり倒れこみ、サトシたちが駆け寄ります。

カキが時間を気にすると、老人はギリギリ間に合ったことを伝える。

すると、カプ・レヒレがリザードンを呼び出し、もらってきた凛粉で体力を回復。

そしてZクリスタルをカキに差し出すと、それが飛行ゼットであることにカキが気付いた。

老人は、リザードンがツバメ返しを使えることをなぜか知っており、その勇気ある翼でゼット技を打つように言った。

カキはリザードンとともにゼット技を繰り出す。

「ファイナルダイブクラッシュ」!!

それは激しく威力ある技!

ロトムは気付く。これはカプ・レヒレが仕組んだカキに与えられた試練であったことに。

そしていつのまにかカプ・レヒレと老人は姿を消していた。

その丘の上には、微笑ましく見守るカキの祖父と老人が一緒に消えていきました。

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】107話 感想

カキは見事、苦難を乗り越え飛行Zを手に入れ、マオは新メニューの開発に成功と今回も自由研究を通して成長したメンバーを見ることができましたね☆

とても力強い回で、見応えがありました!

さて、ポケ問題の答えは、【赤 カプ・テテフ】でした!

カキに試練を出したカプ・レヒレは、水・フェアリータイプの土地神ポケモン。

霧を出して相手を惑わす力を持つそうです♪

今回のバトルではカキはかなりお疲れのようで、夕飯を食べながら寝てしまっていましたね。

お疲れ様、おめでとう、カキ!

 

さて、次回はまだまだポニ島での話が続きます。

次回はなにやら、亡くなってしまった大切な人に会える回になっているようですね!

ニャビーがとても慕っていたムーランドやマオの大事な誰か?も出て来るようです!

次回はどんな回になるのか、大切な人とどんな話ができるのか…楽しみですね♪

-ポケットモンスター

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.