アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件【アニメ動画】21話ネタバレと感想

投稿日:

転生したらスライムだった件【アニメ動画】21話ネタバレと感想

新任教師リムル

さて、出席をとりまーす

 

 

ケンヤ・ミサキくーん

リョウタ・セキグチくーん

ゲイル・ギブスンくーん

アリス・ロンドさーん

クロエ・オベールさーん

 

 

 

 

 

 

返事

 

 

 

 

 

 

なし!

 

 

 

 

 

 

かつてのシズの教え子たちが通う魔法学園で教師になったリルム。
が、出会ったばかりのリムルを子供たちがすぐに信用してくれるはずもなかった。
なかなか素直に返事をしてくれない子供たちに、「それでは先生のお友達を呼びたいと思います」とランガを召喚。
突然現れた巨大な魔物とそのうなり声に素直にビビる子供たち。
声を上ずらせながらもお返事できた子供たちに今からテストをしますと宣言するリムルに反論する子供たち。

遅かれ早かれ死んじゃうのに。
勉強なんかしてどうするの。
今までの先生は好きにしてていいって言っていたのに。
あんた何様のつもり!(←金髪強気美少女アリスちゃん、見た目を裏切らない安定のツンクオリティ!)

不満をもらす生徒たちだったが、リムルのテストとは彼らが想像するものとは少し違っていた。

 

 

 

制限時間10分、俺を倒せたら勝ち

教室から中庭に移動して、テストの内容を説明するリムル。

1番目はケンヤ。
オレンジのツンツン頭の元気な男の子。
剣に炎をまとわせた攻撃を繰り出すが、リムルは難なく交わしてしまう。
あっという間に10分経過してしまい、半べそで終了。
「おぼえてろー」ってい言ってた。
なにこれかわいい。

2番目はクロエ。
呪文を唱えて水の魔法を使い、リムルを水の渦の中に閉じ込める。
このまま水の刃を降り注ぐこともできる、負けを認めるなら解除するけど、しないなら

死んじゃうよ?

恐ろしい子!
絵本が好きなおとなしそうな子なのに

恐 ろ し い 子 !(2度目)

けれど魔力操作したリムルが水の渦から難なく出てきてしまったところで10分経過。
またしてもリムルの勝利。

3人目はゲイル。
唯一の敬語キャラ。
魔力弾を放つもあっさり捕食され終了。
1話から見てきたこちらとしては今更当たり前だけど、チートすぎる能力に「汚い!」と反論。(至極、当然!ガビルさまー!)
どんな汚い手を使っても勝つ、それが大人だ!としっかり教育するリムル。

4人目リョウタ。
おとなしそうな見た目とは反対に、魔法で自身を強化して戦う戦闘スタイル。
(ベタだけどやっぱこのギャップいいよね)
うなり声をあげながら四つん這いになるまさにビーストモード。
「俺以外が相手なら結構戦えたんじゃないか」とリムルも評価していたが、戦闘中に理性を失うのは減点ポイントとされていたので今後改善されるのか???

5人目のアリス。
ゴーレムマスターの彼女が撮りだしたのは3匹のぬいぐるみ。

くまさん
ねこさん
うさぎさん

空中を飛びながらリムルに攻撃を仕掛ける。
金髪ツンデレちゃんなのにまさかのぬいぐるみ!
リョウタ以上のギャップ。
でもさらに想定外だったのはぬいぐるみがほんとうにぬいぐるみだったこと。
いや、目が光ったりとか、へんなビーム出したりとか、急に巨大な爪が出てきて切り裂こうとしてきたりとか。
まったくない。
ただただやわらかいぬいぐるみがリムルにポスポスぶつかってくるだけ。

アリスさん最高ですか!!!!

至極当然(ガビルさまー!)だけれども、リムルの完全勝利でテストは無事終了。
自分の実力を示したところで改めて「お前たちを助ける」と子供たちに伝え、シズの仮面を見せるリムル。

この仮面を受け取った時にシズさんからお前たちのことも託されたと思っている

というリムルに子供たちも今度は素直に受け入れる。
なんとかまとまっていきそう!

 

異世界から召喚された際に与えられた、成長途中の身体には強大すぎるエネルギーが彼らが数年の命と言われる原因であることからその解決の糸口を探ろうとしていたリムル。
テストと称した戦闘で体内のエネルギーが消費されるか測定するが、結果はほとんど消費されていないようだった。
変質者のスキルでエネルギーを分離させられないかと考えるリムルだったが、大賢者によれば魂と結合したエネルギーはそれも不可能だという。

別の解決方法を探すリムルはふと、シズも生徒たちと同じ年頃に召喚者としてこの世界にやってきたことを思いだす。
彼女は召喚主である魔王レオンに精霊イフリートを憑依させられていた。
シズのように上位精霊をその身に宿すことができれば体内のエネルギーを消費できるのではと考えたリムルは、精霊の事ならば、と、ワープホールを使いトレイニーの元を訪れる。
しかし、上位精霊のいる精霊女王が統べる住処への入り口はトレイニーと接点のあった先代の女王死んでしまったことにで消滅してしまっていた。

 

 

スカイドラゴンの襲撃

教師となり1か月が過ぎたある日、リムルは子供たちをつれて息抜きにとピクニックに来ていた。
上位精霊の居場所に関しては、いまだ有益な情報は手に入っていなかったが、子供たちとはすっかりよい先生と生徒の関係を築いていた。

ランチの前の戦闘訓練に不満を漏らす子供たちもご褒美にシリウスの新刊が用意されていると知ると大興奮。
一か月の間にすっかり漫画に夢中になってた様子。
サブカルの偉大さを知る!

そんなとき、上空から現れたスカイドラゴンがイングラシア王国の王都に向かっていくのを目にしたリムルは助けに向かおうとする。
リムルの強さを知りつつも、ドラゴンには勝ってこないと心配する子供たち。

 

あんたが死んじゃったら誰が私たちをたすけてくれるっていうのよ!

 

アリスちゃん、ぶれない!
かわいい!

 

ランガに子供たちを守るように言い残し、正体がばれないようにすこしだけ成長した姿に変身して王都に飛び立つリムル。
スカイドラゴンの空からの雷撃に苦戦する王都の兵士たちの目の前で、その雷撃事スカイドラゴンを捕食すると颯爽と飛び去って行った。
(戦闘シーンかっこよかったけどめちゃくちゃ短かった!)

その夜、リムルと生徒たちは大商人ミョルマイルからスカイドラゴン襲撃の際に命を救ってくれたお礼にと夕食に正体されていた。
戦闘の際に姿を変えていたリムルだったが、商人のミョルマイルには他方から多くの情報が入ってくるためその正体に気付いたのだという。

商人としてのミョルマイルが信用できると見込んだリムルは「俺たちの町に行ってみないか」と提案する。
テンペストではポーションをはじめ、いろいろな商品を売り出そうとしているが、そのノウハウがない。
商人であるミョルマイルにとってももちろん悪い話ではないので彼もこれを承諾。
リムルが用意した紹介状をもってテンペストに向かうことを約束する。

 

精霊の住処、ウルグレイシア共和国へ

食事を終え、帰路につこうとするリムルたちだった。
店先に見送りに出てくれたお店のお姉さんが子供たちに

この子たちに精霊女王のご加護がありますように

と彼女の故郷のお祈りの言葉を贈ってくれた。
「精霊女王」の言葉に反応したリムルが話を聞くと、彼女の故郷は精霊の住処の近くの村だという。
思わぬところで手がかりを得たリムルは、子供たちをつれてウルグレイシア共和国へと向かうのだった。

-転生したらスライムだった件

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.