アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

ポケットモンスター

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】112話 ネタバレ感想

投稿日:

今日のポケ問題はテンション高めのバーネット博士からの出題です。

今日のお話で新種のポケモンのタイプは何タイプ?

青・「ひこう」

赤・「じめん」

緑・「エスパー」

黄・「はがね」

答えは後半で☆

 

サトシはオーキド博士と通信しているシーンから話は始まります。

オーキド博士にデータを送っていたサトシ、「昨日のポケモン、やはり新種じゃ!」とのこと。

サトシもククイ博士もバーネット博士も驚き喜んで興奮気味です。

「ナットポケモンのメルタンと命名したぞ」とオーキド博士。

タイプは「はがねタイプ」なんだそう。

素晴らしい観察力をほめられるサトシ。

通信中はポケモンたちはお食事中ですね。

ロトムは図鑑登録を完了させたようです。

そのとき、リュックの中に1匹のメルタンが…。

この存在にはサトシはまだ気付いていないようです。

メルタン、何かを見つけたみたい!それは…フライパン!!

大好物の金属に目が輝いています。

口いっぱいにポケモンフードを詰め込んでいるモクロー、ふと何かに気付いて見るとメルタンがフライパンを溶かしているのを目撃!!

慌てて阻止しにいきます!

フライパンからメルタンを引き剥がすと、メルタンをリュックの中へぽいっ。

そして、困ったようにため息をつくのでした。

サトシ、ククイ博士とバーネット博士はオーキド博士との通信を終えたようです。

そうしているうちにサトシがスクールに出発する時間になりました。

ポケモンたちにも声をかけて出発しようとしたとき、リュックに違和感を感じるサトシ。

「気のせいか」とそのままククイ博士と一緒に出発します。

2人を送り出したバーネット博士、フライパンに見事な穴が開いていることに気付きます。

「ウ、ウルトラホール???」と目をパチクリ。

 

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】112話 前半 ネタバレ

【新種発見!メルタン、ゲットだぜ!!】

ナレーション:昨日はメルタンの大発生で大騒ぎだったポケモンスクール、はてさて今日は…!?

スクールでは、サトシたちが昨日見たポケモンの話題がつきません。

「やっぱり新種だったか!」とカキ。

「名前はメルタンって言うんだってさ」とサトシが言うと

リーリエが「みんなで観察した甲斐がありましたね」

マオもメルタンが「頭をくるくる回しててたよね!」

「今もどこかに隠れてたりして…」と探すマーマネ。

すると、「あ!いたー!!」

机の陰に隠れるメルタンらしき影!

「ばぁ!!」とでてきたのは、メルタン仕様の着ぐるみを着たスイレン。

みんながあきれてみていると頭のくるくるも見事に再現されているのでした。

「完成度、たかぁ…」とマオ。

「スイレンによばれてでてきたりして!」と期待するマーマネ。

リーリエが「昨日教室にいたのですから、今日もどこかにいるかもしれませんよ」と話していました。

 

ここはエーテル財団司令室。モニターの機械にかじりつくメルタンが1匹。

ピクシーが「まだいた…」というような感じで1匹1匹捕まえているようです。

今捕まえた1匹を入れ、これで10匹。

すると、後ろからまた鳴き声が!

ぎょっとするピクシー。モニターをかじられないように慌てて3匹捕まえ、「もー!どれだけ捕まえたらいいのよ!」と言っていそうです。

 

ククイ博士が教室に入ってきました。

「今日の午前の授業はみんなでポケモンバトルだ!」

カキは早速サトシに一緒にやろう!と声をかけ、サトシもその気です!

スイレンはマオに声をかけ、マオもオッケー!とやる気満々♪

それぞれ、ポケモンにも声をかけトレーナーとポケモンが心を1つにします。

リーリエはマーマネに「シロンとクワガノンのバトル、お願いしていいですか?」と聞くと

いいよ!負けないけどね!と自信満々です♪

サトシは「モクロー、バトルだぞ!」と声をかけますがいつものように寝ていて起きないのでみんなでグラウンドに出ることにしました。

 

シン…と静まり返った教室。

リュックからメルタンが顔を出しました。

そしてモクローを嫌な音(モクローが嫌いな音)で起こすと、モクローはびっくりしてベランダの手すりの上に場所を変えますが、まだ寝てる…。

それを追ってメルタンは壁を登って手すりへ乗るとモクローのそばへ。

そしてまたモクローが嫌がる音!モクローはまたちょっと離れ、またメルタンが追ってモクローが逃げての繰り返し。

あのメルタンの頭をくるくるして音を出すのは愛情表現とかもありそうですね!

ついに壁まで追いこまれたモクロー。

頭をくるくるさせるのが反射して、飛んでいたヤミカラスに見つかり、メルタンはヤミカラスのくちばしにくわえられてしまいました。

それを見ていたモクロー、ハッと我に返って大慌てでヤミカラスを追います!

モクローのキック!でメルタンはくちばしから落ちて池のほうへまっさかさま!

急いでモクローが追いかけ、足でつかんでキャッチ!

ほっとしていると、足元でメルタンの騒ぐ声がするので下を見ると、ナットがない!!

 

こちらは、みつハニードーナツのトラックを修理しているロケット団。

コジロウが壊れた部品を探し出して取り出したのはナット。

ぱかっと割れてしまっていて使い物にならない様子。

代わりの部品を用意しないといけないが手元にはないようで、ムサシが「じゃあこれを使えば~♪」と差し出したのはナットみたいな形をしたドーナツ!

これにコジロウは「おぉ!これはぴったり♪」と一瞬喜ぶが、すぐに「ドーナツが代わりになるわけないだろ!?」と怒りました。

「エネルギー充填よ」とムサシ。

ため息しながらニャースは「こんなとき空から降ってきたらなぁ」とつぶやくと、空にキランと輝くものが。

するとそれはニャースの顔面に直撃!!

落ちてきたものはもちろん、あのナット。

これにはムサシとコジロウもびっくり!

「どうなっとんのよ、それ」とムサシが言うとコジロウは「形、つや,硬さどれをとっても完璧なナット!」と合わせてみると本当にぴったり!

修理が終わったので早速ニャースが提案していた映画館の前でドーナツを売るべく出発しました。

 

一方、ナットをなくしたメルタンとモクローは地上に降りていました。

メルタン、とっても悲しそうで、モクローも引くくらい悲しんでいるのでした(笑)

そして思いついたモクローはナットの代わりになりそうなものをいろいろと探してきてははめ込んで見ます。

最初は木の実??

これにはメルタンも違う!とばかりに怒って吹っ飛ばしてしまいます。

困るモクローに、メルタンは体を伸ばして「こういう丸いやつ!」といわんばかりのアピール!

これにひらめいたモクローは次にテープの使い切った中身のあれ。

これもメルタンは怒ってふっ飛ばします。

大ショック!!のモクローは次にシャンプーハット、浮き輪、ツナ缶の底もくりぬいたもの、これらももちろんダメ。

次にキュワワーを連れてきてはめ込みますが、これにはキュワワーも真っ青です(笑)

クレッフィーもはめ込みますがもちろんダメです(笑)

スナバァもつれてきました(笑)

これはもはや丸じゃない(笑)

スナバァもなぜつれてこられたのかきっとわかってないはず。

次にフラフープ。

次はタンバリン。

タンバリンは今までの中で一番よさそうだったものの、やっぱりダメ。

ここでモクローはやっと、なくしたナットを本気で捜す気になったようです!

 

さて、こちらはスクール。

ポケモンバトルが始まっています!

ニャヒート、ルガルガン、ピカチュウ、バクガメス、リザードン、ガラガラでバトルを終え、授業も終わりました。

バトル後にやっぱりカキとのバトルは楽しい!と言ったサトシに、カキは「大試練を4つ突破してこれからはどうするんだ?」と聞いてみました。

サトシはしばし考え…

考えていると、空をモクローが飛んでいるのを見つけ声をかけますが反応がありません。

それを見てサトシは「オレ、ちょっと行って来る!」というと走り出しました。

モクローはナットを捜して飛び回ります。

 

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】112話 後半 ネタバレ

ピクシーが司令室でまだメルタンを捕まえては集めています。

ピクシーも複雑な表情で、手に持っていた金属の塊を眺めると、それにメルタンが反応していることに気付きます。

金属の塊をあっちこっちと動かすと、それと一緒にメルタンも動いてきます。

これを見たピクシーは何かひらめいたようですよ☆

 

ナットをなくしたメルタンを連れて空を飛ぶモクロー。

とりあえずはタンバリンで落ち着いたようです♪

探し回っても一向にナットが見つからないので、モクローも疲れ果ててしまっているようです。

と、いい香りがしてきて甘い香りに弱いモクローは吸い寄せられるように飛んで行きます。

 

ロケット団は映画館の前に到着し、販売を始めますが、6時間の長編映画でみんな入ってしまった後なのでお客さんは誰1人おらず売れ行きが怪しいのでした。

ニャースが言っていた「映画館の前で売ったらバカ売れ計画!?全っ然売れないじゃない!」とムサシが嘆きます。

ここでムサシが「もうやめやめ!今からメカラビ探しに行く!」

「メカラビ」とは、メルタンの正式名称をロケット団は知らないので、オリジナルで名付けたようです。

これにはコジロウ、大事にしていた王冠コレクションをメカラビにやられた深~い恨みがあるので、側反応。

もうそれは「コジロウがミミッキュみたいになってるのニャ…」と引いているニャースとムサシ、ソーナンス。

「どうやってあのポケモンを見つけるのか」と言うニャースに、ムサシは「そりゃー、適当にあるいてたら見つかるんじゃないかと?」

らちのあきそうにない話をしていて、ニャースが「こんなとき、空からメカラビが降ってきたらニャ~」

すると、キランと空に光るものが。

落ちてきますよ!ニャースの顔面に。

あのモクローがつれてたタンバリンのメルタンがニャースの顔面に直撃!!

毎度痛そうです…。

弾みで取れたタンバリンがソーナンスの腕にひっかかり、ソーナンスの一芸!

そんな特技を持っていたんだね、ソーナンス!

メルタンはドーナッツがぴったりはまってしまいました。

ロケット団はちょっと違うその姿に本当にメカラビ…???と疑いが消えません。

すると、香りに吸い寄せられたモクローもたどりつきました。

ムサシ「アレもいるじゃない」

コジロウ「ジャリボーイのアレだな」

ドーナツを勝手に食べるメルタンとモクローにニャースは怒り爆発!

引っかく攻撃をします!

が、メルタンとぶつかり攻撃は不発、そのままの勢いで後ろのトラックに突っ込んだニャース。

その拍子にトラックからナットが出てきました!

ちゃんとしたナットが戻ってきて大喜びのメルタン。

モクローもよかったねーと言っていそうです♪

ナットが戻って元の姿になったので、「やっぱりメカラビじゃない!?」とムサシ。

急いで閉店、ロケット団の正装に。

またまたミミッキュのように燃えるコジロウ。

モクローは捕まえられそうになるメルタンを連れて飛び、コジロウに向かってモクローの種爆弾!

コジロウに命中し、モクローは何かを訴えます。

ムサシが「なんて?」とニャースに聞くと「絶対に守ってみせると言ってるのニャ」と。

「守れるものなら守ってみなさい!」とムサシはニャースに攻撃を指示。

お任せなのニャと向かっていくニャース。

モクローはメルタンの前に立ちはだかって両羽根を伸ばし、メルタンを守る覚悟です!

鋭い爪を出して攻撃するニャース。

モクローの葉っぱカッターをするりとかわすと、メルタンに向かってみだれひっかき!

が、それをモクローが背中で受けました。

その攻撃はモクローがぼろぼろになるまで続きました。

「何やってるのよ、早くやっちゃいなさいよ!」と言うムサシに「わ、わかってるのニャ!」

ともう一度、「これでおしまいニャ!」ととどめをさそうとしたそのとき。

メルタンが前に出てきて、かなり怒っている様子。

力を貯めると、一発!ニャースに技が命中しました。

驚き、焦るムサシももう一撃くらいました。

そこへヌイコグマ。と、キテルグマ。

トラックにみんな乗せ、ヌイコグマを運転席に乗せると拍手して喜ぶキテルグマのママの顔を見られましたね!

そのトラックごと運んで去っていきました。

ボロボロになって倒れたモクローに心配そうに駆け寄るメルタン。

モクローはボロボロながらもメルタンに「大丈夫!」の合図を送ります。

メルタンは嬉しくなって頭をくるくる。

モクローは嫌そうだけど、メルタンの愛情表現ですね☆

そこへ、サトシとピカチュウがやってきて、ボロボロのモクローを見て驚き、一緒にメルタンもいたことに驚き。

「仲間とはぐれたのかな?」と一緒にスクールへ連れ帰ってきました。

スクールに戻って、「モクローが面倒見てたみたいで…」とサトシが言うと、リーリエに「モクロー、えらいえらい」と撫でてもらって嬉しそうなモクロー。

カキが「仲間を探してやらないと」「どこからさがしたら」とマーマネが話していると、教室内のエレベーターからピクシーがやってきました。

リーリエが「ピクシー、何かあったのですか?」

歩いてくるピクシーの後ろをメルタンが行列を作ってついてきました。

ピクシーが合図をすると止まるメルタン。

ピクシーの合図の元、組体操をするメルタンたち。

ピクシーはできたメルタンたちにたくさんの金属を与え、上手に手なずけていたのでした♪

はぐれメルタンをモクローが仲間たちの元へやると、仲間たちは喜んで頭をくるくる。

はぐれメルタンも喜んで入って行こうとしますが、はたとモクローが気になり振り返ります。

モクローはいいんだよ、と言う顔をしますが、はぐれメルタンはモクローのそばへ行って離れようとせず。

「モクローすっかりなつかれちゃってるね」とマオ。

仲間のメルタンたちがくるくるして待っていますが、はぐれメルタンは「ばいばーい」というような鳴き声と、仲間のほうへ手を振りました。

そしてモクローにぴったりくっつくので、サトシが「お前、モクローと一緒にいたいのか?」と聞くと喜んでいるようでした。

じゃあ、ゲットしてもいいか?とサトシに聞かれ、よくわからないようにしていると、モクローがモンスターボールをくちばしでコツンコツン。

「だよなぁ、モクロー。今日から仲間だメルタン、行け、モンスターボール!」

と、サトシがボールを投げました。

すると、ボールは

待ち構えたメルタンのナットの穴の中にすっぽりと入ってしまったのです!(笑)

気を取り直してもう一度!

サトシがモンスターボールを投げます!

今度は上手く当たってメルタンゲットだぜ!!

もう一度でてきたメルタンはモクローにぴったりくっついていました。

「お前たち、仲良くな」とサトシ。

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】112話 感想

今日のお話はここまでです。

モクローとメルタンはこれからいいコンビニなりそうで、楽しみですね♪

メルタンには進化があるのか…も気になるところです。

 

ポケ問題の答えは

黄・はがねタイプ でした☆

 

フライパンに穴を開けたメルタン。

バーネット博士に「フライパンに穴を開けたのはアナタだったのね」

メルタンは申し訳なさそう。

「これはもういいけど、新しいのはダメだからねー」

と、穴あきフライパンはもらえることになり、とっても嬉しそうなメルタンでした♪

 

次回【新番組!? 小さなコイキングのメロディ】

次回はコイキングのお話のようです!

女の子3人組が美少女戦士のような変身をしちゃうようです☆

ギャラドスも出ます!

コイキングは女の子??

まつげがあるように見えました☆

次回もたのしみです♪

-ポケットモンスター

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.