アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

魔法少女特殊戦あすか

魔法少女特殊戦あすか【アニメ動画】10話感想

投稿日:

魔法少女特殊戦あすか 第10話「それぞれの死闘」ネタバレ感想

いよいよバベル旅団との本格的な戦いの幕開けとなるのか…??

ついに魔法少女特殊戦あすか、第10話が放送となりました。

 

バベル旅団の標的は精霊界のタビラ将軍なのか…??

バベル旅団の送り込んだハロウィン級の冥獣たちが那覇市内に侵略し、人々を次々に襲っていきます。

那覇駐屯地では自衛隊のM班とタマラが侵攻を食い止めようとしていた。

 

一方市内では次々に一般市民が犠牲になっていく中、逃げ惑う希美と紗綾子の姿が。

冥獣を目の前にして転倒した希美は足を負傷してしまう。

希美は自分を置いて紗綾子に一人で逃げるよう促すが、紗綾子は希美を抱えながら一緒に逃げることを決断。

紗綾子は魔法少女に助けられた記憶から、頑張って強くなろうとしているようでした。

 

市内に現れた冥獣にはミアが応戦しますが、その数の多さから倒しても倒しても倒しきれない…。

 

激しい戦いの中でミア、タマラともに負傷をおっていきます。

自衛隊や軍の兵士も次々と冥獣たちの犠牲に…。

司令部はタビラ将軍やあすかたちの控えるシェルターをし死守するために策を練るが、そんな考えはギースたちに見破られてしまっていました。

 

軍の動きや戦況を、ただ聞きながらシェルターで待機しているあすかは、次々と軍隊が犠牲になっていくのを聞いて苦しい心境を吐露します。

 

ミアとタマラは必死に戦い続けていました。

ミアは大けがを負っている中で冥獣から背後を狙われてしまいますが、そんなときに紗綾子と希美が「あぶない!」と声を上げたことで間一髪助かります。紗綾子と希美はミアについていくことに。

 

軍は侵攻を繰り止めきれず、いよいよギースとちさとにシェルターへの侵入を許してしまう。

くるみの前にはちさとが立ちふさがる。ちさとは「私の仕事はウォーナースを倒すこと」だと言う。

ちさとは旅団長から与えられたというアイテムで結界をはり、くるみと1対1で戦いを開始する。

ギースはあすかがタビラ将軍のもとへ行けない様にセノバイト級の魔術傭兵を使い、あすかを足止めする。

あすかはなんとか切り抜けてタビラ将軍のもとへ急ぐが、先に到着していたギースはすでにタビラ将軍を倒していた。

 

ここで第10話は終わってしまいます…!!

ギースの前に倒れているタマラ将軍は死んでしまったのか…??

魔法少女たちは激しい戦いの中で生き残れるのか??

 

あーあー…!!気になりますね!!

予告での「ある少女の絶望が待っている」という言葉はどういう意味なのか…。

個人的にはくるみが1対1の戦いで生き残れるのかというところですね。

低く見すぎかもしれないですが、マジカルファイブの中でも一番弱いのはくるみじゃないのかな、と思います。

ちさとがどれくらい強いのかもわかりませんが、あすかや他の仲間がいない中での完全な1対1という戦いでくるみは大丈夫なのか。もしくるみが大きく負傷を追ったり戦闘不能なほどになってしまうとしたら、その事実があすかに与えるショックは相当なものになってしまうとも思いますし…。

でもなんだか、魔法少女の中からもだれか一人は犠牲になって命を落としてしまうんじゃないかと、そんな不安があります。

どうかそうなりませんように。次話を見るのが楽しみなような、こわいような、という感じですね。

-魔法少女特殊戦あすか

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.