アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

SSSS.GRIDMAN

グリッドマン【アニメ動画】11話「決・戦」ネタバレと感想!

投稿日:

SSSS.GRIDMAN【アニメ動画】11話ネタバレ

 アカネが裕太を刺し、騒然となる一同。アカネはジャンクを壊して、外に逃げてしまう。
しかし、今は刺された裕太を助けるほうが優先だ。六花と内海は裕太に呼びかけるが、裕太からの反応はなかった。裕太を車に乗せ、病院に連れていく。通り過ぎる街の風景は修復していた怪獣が死んだことで壊れたままの状態だ。いつもの違う朝が来たことで、不安になる全員。ライフラインも怪獣がいなくなったことで回復せず、この街が本当の危機を迎えようとしている。

 空にある街のような物体の上に、アカネは座っていた。そこに、アレクシスが怪獣の相談をするためにやってきた。だが、アカネは完全に怪獣を作る気力を失ってしまっている。アレクシスも諦めたのか、アカネを利用しようとはせず、今までに倒されてきた怪獣達を復活させるのだった。

 怪獣が現れたことで六花は裕太のいる病院に戻るが、怪獣が出たのに出撃していない新世紀中学生達に疑問を覚える。だが、新世紀中学生達の力はグリッドマンがいてこそで彼ら自身では力を発揮できないらしい。怪獣に対し、何もできない状況の中、病室にアンチがやってきた。そして、その場でアンチがグリッドマンに何度も挑んできたあの怪獣であったことが話され、アンチの正体を知らなかった内海と六花はその事実に驚いた。アンチが怪獣だと分かったことやアンチの発言に怒りを覚える内海は思わず、アンチに殴ろうとするが住んでのところで六花に止められた。そして、内海は本当は自分がグリッドマンと怪獣の戦いを楽しんでいたかもしれないということに気づく。アンチを認めることはできないが、今の状況に対応できるのはグリッドナイトに変身できるアンチしかいない、内海はアンチに戦うことを頼もうとすると、アンチのほうもそれをわかっていたように、だから自分が来たと答えた。そして、キャリバーを見ると借りは返すのが礼儀と教わったとアンチは言う。元怪獣なのに言われたことことを素直に守ろうとしているアンチをおかしく思ったのかキャリバーは思いっきり笑い出す、他の新世紀中学生のメンバーもキャリバーが笑ったのを見るのは初めてのようで驚きの表情を見せる。そして、戦うために病室を出るアンチ、そのアンチに六花はアカネの居場所を聞こうとするのだが、アンチは何も言わずに出て行ったしまう。

 アンチが怪獣に向かって走っている。そして、その体が赤く発行するとグリッドナイトが現れた。復活した怪獣に攻撃をしかけ、次々と撃破していくのだった。

 裕太が目を覚まさないことに疑問を抱く、新世紀中学生達。六花の母が出血ショックはあっても昏睡状態になることはあり得ないと言うが、現に裕太は眠ったままだ。そんな時、病院のモニターが目に入る。新世紀中学生達はあることを思いつく。そして、それを確かめるためにジャンクの元へ向かう。

裕太は目を覚ます、だが本当に目覚めたわけではない。グリッドマンの中の裕太を裕太自身が見ている。そして、グリッドマンも裕太の中の自分を見ていた。そこでようやく気付く、記憶喪失ではなく自分が裕太に宿ったグリッドマン自身であることを。だが、グリッドマンが答えを告げる前にグリッドマンとの意識が切れてしまう。

 病院で六花はアカネのことを思い出していた。ふと窓からバスの標識を見ると、夢の世界でアカネに言われた言葉を思い出し、どこか思い当たる場所があるのかアカネを探すため病室を飛び出す。新世紀中学生達や六花がやるべきことがある中、一人残された内海は裕太のそばにいることしかできないと自分の無力さを嘆いていた。

 グリッドナイトは怪獣を倒し続け、体はもう傷だらけになり、体力もかなり消耗している。だが、怪獣の攻撃はまだ止まない。次に襲ってきたのはグリッドナイトであるアンチが自ら生み出した怪獣だった。

 目覚めた裕太は、グリッドマンの精神の中で思い出したことを内海に告げる。自分が裕太だと思い込んでいるグリッドマンだということ、本当の裕太はまだ眠っていること。そして
アカネに対して自分にしかできないことがあると立ち上がり、戦いの場に向かおうとする。
内海は裕太の体を心配して必死に止めようとすると、裕太の口調が変わる。自分にはやらなければいけないことがある、自分はグリッドマンなのだからと振り向く裕太の目はグリッドマンと同じ色の瞳に変わっていた。

 グリッドナイトは怪獣に追い詰められ、満身創痍の状態だ。そんなグリッドナイトにダメ押しと言わんばかりにアレクシスが新たに怪獣を復活させる。それは、裕太が校外学習の時に出てきたあの山のように巨大な怪獣だった。

 裕太がジャンクのところにたどり着く。マックスは裕太の様子をみて、君はグリッドマンなのだなと声をかける。その言葉に裕太は目を閉じると、グリッドマンと同じ色の目に変わり、そうだと強く答えた。そして、グリッドマンと新世紀中学生達は怪獣達から街を救うために全員で出撃を開始する。

 グリッドナイトはなすすべもなく怪獣に押しつぶされようとしていた。そんな時、フルパワーグリッドマンが怪獣の攻撃を押し返し、ピンチを救う。グリッドマンは地上に降り立つとグリッドナイトにグリッドマンキャリバーを手渡す。グリッドナイトがそれを受け取るとグリッドマンキャリバーは深紅の色をしたグリッドナイトキャリバーに変化する。そして二人は全力で怪獣達を迎え撃つ。グリッドマンはボラーのビーム攻撃で一気に怪獣の体を崩壊させ、グリッドナイトは必殺技のグリッドナイトキャリバーエンドで怪獣を両断し、全ての怪獣を撃破する。

 アカネが座っているところに六花がやってきた。夢の世界でアカネと別れたあのバス停の場所だ。アカネは六花に自分を見逃したことを責めるような発言をする。その言葉に六花は怒るがそれでもアカネを説得することを諦めはしない。六花は、自分はアカネを友達だからと告げる、そしてアカネは自分をどう思っているか尋ねた。その言葉に揺れ動くアカネ、だが二人の会話にアレクシスがどうでもいいと切り捨てるように割り込んできた。そして、アカネに君が必要だと言う。怪獣をもう作れないというアカネに、アレクシスは君が怪獣になればいいんだよとあの怪獣を出現させるあの言葉を唱えるのだった。

SSSS.GRIDMAN【アニメ動画】11話感想

裕太がアカネに刺されるというピンチを迎え、今まで倒してきた怪獣が復活し総攻撃を仕掛けてくるなど、いよいよ最終決戦にむけてのカウントダウンがされたという感じがあります。そして、今回ではついに裕太の記憶喪失の真相が明かされます。なぜ、グリッドマンが裕太に宿ったのも明かされようとするのですがそれは途中できられ、肝心なところが不明のままになりました。この謎は最終回で明かされるのでしょうか。
 今回、前半の戦闘ではグリッドマンが戦えない中、グリッドナイトが一人で戦います。孤軍奮闘、し怪獣を撃破していくも傷だらけになりそれでも必死に戦おうとする姿は紛れもなく本当のヒーローです。しかし、限界が訪れ絶体絶命の場面に陥ります。そんなピンチを救うのは満を持してやってきたグリッドマン、ライバルの危機にヒーローが駆け付けるという燃える展開で、その後のグリッドマンとグリッドナイトが並び立つ構図は非常にかっこよかったです。またアンチとキャリバーのコンビネーションが今回の戦いでは見られます。本来の大きさではなく、縮小されたサイズになっているキャリバーですがそれが逆にグリッドナイトの雰囲気とあっており、ポーズも決まっていて、色も赤く変化するなどグリッドマンの時とは違う魅力があります。そして、グリッドマンは大出力のビーム攻撃で、グリッドナイトはグリッドナイトキャリバーで怪獣達を撃破します。残る敵はアレクシス、彼をどのように倒すのか、楽しみです。
終盤では六花がアカネを説得しようとするシーンがあり、この時の会話は二人の関係や六花のアカネに対する気持ちが強く表れていて、非常に印象的です。そんな場面にアレクシスが乱入してきます。六花とアカネの大事な会話をどうでいいと切り捨てる姿にはやはり悪役であると認識させてくれます。
伏線ややるべきことがいくつもある中で本当にまとめ切れるのか心配ないな気持ちはありますが、きっと納得のいく結末を見せてくれると信じています。次回も期待して待っています。

-SSSS.GRIDMAN

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.