アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

五等分の花嫁

五等分の花嫁【アニメ動画】第11話ネタバレ考察

投稿日:

五等分の花嫁  第11話  結びの伝説3日目

倉庫に閉じ込められた風太郎は、天井近くにあるセキュリティのセンサーを解除する為に一花を肩車しようとしました。仕方なく風太郎の肩に乗る一花ですが、心臓はドキドキです。しかし、勉強しか出来ない風太郎は一花を持ち上げる事が出来ずに断念(情け無い)。風太郎は、風邪などひいてはいけないので、取り敢えず火を起こそうと木で摩擦を始めました。

五月はキャンプファイヤー係の手伝いから一花が帰って来ないと三玖に相談しています。そこへ四葉もキャンプファイヤー係の風太郎が帰って来ないと相談に来ました。風太郎のフォークダンスの相手が一花という事を知っている三玖は、二人が揃って帰っていない事に不安を覚え、探しに行って来ると急いで駆け出して行きます。

その頃、一花は風太郎にたわいない自分達の話をするのですが、風太郎は火起こしに集中していて反応なしです。「わたし、学校辞めるかも」とつぶやきました。えっ?   やっと風太郎が反応しました。それは、一花なりの三玖への思いやりでしたが、風太郎は自分のバイト代の心配をしていました。せこいし、相変わらず女心がわかっていません!  風太郎の地道な努力の末、やっと火を起こし小さなキャンプファイヤーの出来上がりです。とてもロマンチックな感じになりました。一花は、三玖の事を考え、やっぱりダンスの約束はなかった事にしようと言いだしました。しかし、風太郎を気に入っている一花は、せめて二人だけのキャンプファイヤーで踊ってみようと手を出しました。風太郎はダンスの相手は結びの伝説があると言う話を一花にしました。一花はその伝説をここで初めて知り、三玖の気持ちに気づきました。動揺してよろけたせいで、立て掛けていた丸太が倒れてしまいセキュリティセンサーが反応してしまいます。同時に助けてくれた風太郎にドキリとする一花です。そこへ二人を探しに来た三玖と五月が鍵を開けて二人を見つけました。元々、五月は一花と風太郎の関係を疑っていましたので、何していたんですかと冷たい態度です。

二人は先生にこっぴどく叱られ、一花は体調を崩して寝込みました。五月は一花に寄り添って気遣っています。一花は、五月が風太郎と自分の仲を疑っていたのを気づいていました。一花は、風太郎君は悪い人じゃないよと五月に言います。

林間学校の最終日は自由参加のスキーです。四葉が風太郎と三玖にスキーを教えているところへ一花が来ました。大丈夫なのかと風太郎は一花を気遣っていました。一花の提案で鬼ごっこをしようという事になり三人共滑って行きます。そこへ一花が風太郎のそばに来て昨日の話を口止めします。山の傾斜に沿って滑って行く風太郎はスキーの止まり方を知りません。しっかり木に激突して止まった風太郎は、肝試しの時に二乃に貼ってもらった絆創膏を剥がして落としてしまいます。運の悪い事にそれを二乃に拾われて声をかけられます。二乃は、金太郎(変装した風太郎)と思って声を掛けます。やばいと思った風太郎は、逃げ出しました。もちろん二乃は追いかけます。そこへ風太郎を探していた四葉も参戦して追いかけて来ます。二人に追いかけられて焦った風太郎は目の前にあったかまくらに駆け込みました。やっと二人を撒けたと思ったら、中には三玖も隠れていました。悪いと言ってすぐに出ようとした風太郎を三玖は袖を掴んでとめました。皆んな平等と思っている三玖でしたが自分がなぜこんな事をするのかわからない様子です。二人は四葉からどうやって逃げようかと相談しました。三玖は、四葉にハンデを背負ってもらおうと言いますが、風太郎はそのやり方は好きじゃないと言いました。五人姉妹で同じように成長したけれど、四葉が運動能力を身につけたのは後天的な努力だと思う。全員平等もいいけどそこに至るまでの努力は否定したくないから、皆んなは平等じゃなく公平に行こうと言いました。いい事言うね風太郎♬

公平に行こうぜと呟いた三玖は、一花に電話を入れます。「話したい事がある」と何かを決心した様子です。

物語も終盤に入って来ました。風太郎を巡って一花と三玖は今後どうなるのでしょうか?  次回がますます楽しみです!

-五等分の花嫁

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.