アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

ポケットモンスター

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】117話 ネタバレ感想

投稿日:

話のスタートは、サトシがポケモンたちに朝ごはんを用意して食べさせています。

今日もサトシのポケモンたちは元気いっぱいにぎやかな朝を迎えています。

モクローとメルタンの姿が見えないので、サトシは2人を探します。

モクローはやっぱりサトシのリュックの中で寝坊していました(笑)

メルタンの居場所をサトシがモクローに尋ねると…

キッチンのほうでフライパンに嬉しそうに近寄るメルタンが!

今にもフライパンを食べてしまいそうなメルタンを、モクローがあわてて足で拾い上げて間一髪まぬがれました。

これで食べられたらもう4つ目のフライパンを食べた、ということになるようで…

サトシ「ねぇ、聞いてよ~」

サトシから聞いたククイ博士はバーネット博士ががっかりする…と嘆き

ロトムも驚き。

でもモクローが寸前でとめたので、無事だったフライパンを見せて「ギリ、セーフだった~」と伝えると安心したククイ博士。

バーネット博士もいないので、サトシがククイ博士にたずねると、ルザミーネからの頼まれごとがあってエーテルパラダイスにいるとのこと。

 

エーテルパラダイスでは、グラジオとリーリエがザオボーが見守る横で必死に父の実験資料を探していました。

グラジオは次から次へと手当たり次第に探すので、ザオボーも困惑気味。

「本当にあるのか?」との問いに、ザオボーは自分が資料を全てここに運んだので絶対あると言います。

ザオボーの話では、ルザミーネが実験を凍結しようとしたためだそうです。

グラジオもリーリエもルザミーネがウルトラホールの研究を凍結…と驚き。

ザオボーは、その当時ルザミーネはグラジオとリーリエの父(モーン博士)が亡くなったあとでショックと悲しみで…

と話すと2人は声をそろえて

「お父様は生きています!!!」

ザオボーはそれを聞いたときはどんなに嬉しかったか…!!と号泣。

泣きすぎてティッシュを探していたザオボーは、手探りで机の上にあった写真立てに手を伸ばします。

それを見るなり、「おぉー!これは懐かしいですねぇ!」

グラジオとリーリエが覗き込むとそれは、ルザミーネと研究員のザオボーとビッケ、父のモーン博士が写った写真でした。

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】117話 前半 ネタバレ

【リーリエと秘密の機巧姫(からくりひめ)!】

ザオボーのモーン博士の話に聞き入る2人。

それは素晴らしい科学者でリーダーシップと才能で研究チームをリードしてくれたのだそうです。

回想シーンでは、ウルトラホールに飲み込まれてしまうモーン博士。

別室では写真を眺めながら「あなたは一体今どこにいるの」と物思いにふけるルザミーネ。

ドアをノックしてビッケとバーネット博士が入ってきます。

エーテル財団支局、各地方の行方不明者リストを再確認、まだ名前を見つけることができていないとの報告をルザミーネにしました。

バーネット博士は探しはじめたばかりだから、とルザミーネを励まします。

ルザミーネは、そうねと納得すると、資料は見つかった?とバーネット博士がルザミーネに尋ねます。

それはザオボーと子供たちが手伝って張り切ってやってくれていると話すルザミーネ。

グラジオが大慌てで父が生きていることを報告に来たときの様子が回想されます。

ルザミーネのところへ走ってくると机にそのままの勢いで手を付き、「父さんは生きてる!!」

「ハプウが、ポニ島のしまクイーンが、教えてくれた、カプレヒレの霧の中で会えなかったのは、父さんが生きているからだって!!」

バーネットは思い出すとあんな嬉しそうなグラジオくんは初めて見た、と話します。

すると、ルザミーネは「間違ったことをしていた、2人にモーンのことを何も話していなかったこと、あんなに父親を求めていたなんて」と話します。

ルザミーネは資料室にいたグラジオとリーリエに、見せたいものがあるのと呼び出し、資料室はバーネットたちが引き受けることに。

 

自宅のある島にやって来た3人。

お手伝いさんが「お帰りなさいませ」とお迎えします。

ジェイムズの案内である部屋へ通されます。

リーリエ「ここは…」

ルザミーネ「モーンの…お父様の部屋よ」

グラジオは、忘れられない、頭を父に撫でられたのがこの場所であったことを「ここだったのか…」と思い出します。

ルザミーネは父が帰るまでの間、この部屋を2人に任せると言いました。

ジェイムズもこれには「いいアイデアです、奥さま」と。

部屋を見渡すグラジオとリーリエ。

リーリエは机の開いている引き出しが気になり、引き出してみました。

すると、なかにはゼットリングが。

「しまキングのハラさんからいただいたものだと言っておられました。ウルトラホールの研究のために、アローラに移り住んだ頃に、と」とジェイムズが説明します。

トレーナーとしても立派だったと話すジェイムズ。

父のポケモンはどこに?と聞くリーリエに、「いなくなってしまった、もっと私がしっかりしていれば…」と後悔するルザミーネに、ジェイムズはあの時はとてもそんな状況ではなかったことを、ジェイムズは気遣います。

赤ちゃんで何も覚えていないけれど、いまはお母様の気持ちがよくわかります、とリーリエ。

ゼットリングは父が戻るまで、リーリエが持つことにしたらどうか、ハラさんに相談してみたらどうかとグラジオは提案します。

リーリエは「えっ、私が…??」とちょっと心配そうにしますが、やる気はあるようで

シロンに「ゼットリングを持つかもしれません、シロンはどう?」

シロンも嬉しそうに返事をし、明日ハラさんに相談してみることに決めたリーリエでした。

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】117話 後半 ネタバレ

次に開けてみた扉の中には、動かないマギアナがいました。

モーンが大切にしていたというマギアナは遠い昔、ある王国の科学者が作ったじんぞうポケモンだと、モーンが話していたとジェイムズは言います。

ルザミーネは、そのマギアナがある骨董店でさび付いて動かなくなっていたそうだと話します。

リーリエは大事そうに撫でました。

ルザミーネは、なぜ突然この扉を開けたのかとリーリエにたずねると、リーリエも自分ではわからない様子。

マギアナは王国のお姫様のお世話をするために作られたそうで、モーンは初めて見たときに運命を感じたのだと。

その運命とは、我が家に「お姫様」が生まれたばかりだったからと。

リーリエはそれが自分であることを理解します。

なんとか動かそうと試みるがなかなか上手くいかず、「お姫様」へのプレゼントはお預けになってしまったんだということをルザミーネは話しました。

「お父様からわたくしへの…プレゼント…!」

 

翌日、スクールで。

父のゼットリングをみんなで見ています。

サトシ「これがリーリエのお父さんのゼットリングかぁ!」

ロトムも興奮気味。

カキ「おやじさん、はやくみつかるといいな!」

リーリエ「ありがとうございます!」

ククイ「リーリエはこのゼットリングのことでハラさんのところへ行く予定だ」

マーマネ「なんで?」

リーリエは事の成り行きを話します。

「父が帰ってくるまでの間、このリングを私が持っていてもいいかどうか、相談を。」

マオはそのアイデアを素敵!といいますが、リーリエは私にその資格があるかわかりませんが…と苦笑い。

スイレンが手を上げ、一緒に行きたい!というと、サトシももちろん「おれも!」

そしてみんなもいきたい!というので、ククイは課外授業としてみんなで行くことにしました。

 

ハラさんはこのゼットリングを渡したときのことは良く覚えているとのこと。

冷静沈着、的確な指示ここぞというときには熱いバトルをする男でした、と。

ハラのハリテヤマと、モーンのゾロアークのバトルの様子が回想されます。

戻られたら祝おうとハラは言います。

ククイ博士に、君の思いをオーロラビームのようにハラさんにぶつけるんだ!と促されると

みんなも励ましてくれます。

リーリエは、母に初めて父の部屋を見せてもらったこと、記憶にない父からの愛を実感する事ができ、とても幸せな気持ちになり、なんとしても父を探し出したい、そのために強くなりたい

父が戻るまで、ゼットリングとこおりゼットとシロンとともに一緒に成長したい

どうしたら許可をいただけるでしょうか!

と思いのたけをぶつけました。

ハラはリーリエの気持ちをしっかりと受け止め、こう提案します。

ハラ「私の目の前でゼット技レイジングジオフリーズを出してみるのですな」

みんなはいきなりのことに驚きます。

リーリエは一瞬不安そうですが、「わかりました!やってみます!」

 

フィールドに出たリーリエとハラ。

リーリエはとても不安そうな表情でリングをはめて用意します。

リーリエ「頑張りましょう!シロン!!」

シロンも気合の入った返事をします。

サトシが大きな声で「その調子だ!」と叫ぶと、マオに「集中できないよ」と注意されてしまいました。

ハラ「準備はよろしいですかな?」

いざ、クリスタルをはめてわざを出そうとします。

リーリエもシロンもばっちりポーズが決まりました。

リーリエ「天から静かに降り注ぐ雪、無数にきらめく氷の結晶、大地を覆う冷たきゼットよ、熱きわがソウルとともに、いまふたたび天へとのぼれ!レイジングジオフリーズ!!」

技もしっかり決まりそう!

…でしたが、あと少しのところで失敗に終わりました。

みんなも励ましてくれます。

サトシはもっと特訓して強くなればゼット技が出せるようになるよ!と励まします。

カキも「アローラリーグを控えてるし、毎日みんなで特訓だ!」

マーマネ「ボクもがんばるよ!!リーリエ見てたらボクも使いたくなっちゃったよ、ゼット技!」

マオ「ちゃんとゼットパワー出てたもん!それだけでもすごいよ!」

リーリエはみんなの励ましに心が温かくなっているようですが、シロンは…

ちょっと落ち込んでいる様子。

それを見てあわててリーリエは、あなたのせいじゃなくて私の力が足りなかったせいなの、と話しました。

頑張って強くなるから、よろしくね、シロン!というとシロンも嬉しそうにしました。

ハラさんはその姿を見て、特別に許可しましょう!と、仮免許のような形ではありますが、許可が出ました!

リーリエ「ゼットリングを使いこなせるように頑張ります!」

サトシはゼットリングがリーリエを選んだんだ!というと、マーマネは「サトシはたまにいいこというよね!」

ハラは、ゼット技が使えるようになったらまたここへいらっしゃいとリーリエに話しました。

 

その晩、リーリエは父の部屋に戻り、ゼットリングを持つ許可が出たことをマギアナに報告しました。

シロンと共に強くなれるように頑張ると誓いました。

そして、マギアナと友達になりたいと思っていること、父が自分のためを考えてくれたこと、自分自身で実現したい、そして父との再会はあなたと一緒に…

とマギアナに話していると、シロンにはマギアナの目が光ったように見えて、前足をマギアナの前に伸ばします。

そんなシロンにどうしたの?と声をかけてマギアナのほうを見たときにマギアナの背後にノートがあることに気付きます。

そのノートを手に取ると、モーンによって描かれた、赤ちゃんのリーリエがマギアナと一緒に遊ぶ絵。

そしてマギアナの研究レポートのようなページが。

一生懸命読んでいると、ルザミーネとグラジオが部屋の電気を付け

ルザミーネ「ここだと思った」

グラジオ「しまキングはなんて?」

リーリエ「許可をいただきました。まだ仮免許ですけど…」

ルザミーネは「そう!」とよかったわねという表情。

グラジオも「しっかり特訓しないとな!」

リーリエ「はい!一刻も早く、ゼット技を出せるようにがんばります!」

ルザミーネはリーリエが持っているノートのことをたずねます。

リーリエ「ここで見つけました、マギアナに関するお父様の研究がかかれたノートです。毎日事細かにマギアナ日記のような…」

ここでリーリエはマギアナのお世話をさせて欲しいとルザミーネに申し出ます。

リーリエ「わたくしが何をしても動かないままかもしれません、それでも何とか動かしてあげたいのです、お父様がそうしたかったように。」

ルザミーネは「わかったわ」と微笑み、グラジオは「お前、本当に強くなったな」

リーリエ「そうでしょうか…?」

ルザミーネもグラジオも、リーリエの精神的な成長を喜んでいるようでした。

リーリエは部屋にこもってその日記をしっかりと読み込みました。

読むほどに、リーリエは父からの愛を実感するのでした。

リーリエは夢を新たに、前進します。

ポケットモンスターサン&ムーン【アニメ動画】117話 ネタバレ感想

次回予告 【シェイミ、メルタン、ナギサ!迷子の探検隊!!】

次回はマリエシティに行くようです。

着物を着た親子や男性、お茶運びをするポケモン、かごで運ばれるマーマネ

ポケモンセンターのジョーイさんも着物、壁から忍者、舞妓さんみたいな格好のイーブイが行列で歩いたり

マオ、スイレン、リーリエは袴を着ているし、街並みも昔懐かしい日本らしい雰囲気満載です。

時代劇のような。

ロケット団によってナギサとシェイミがつかまってしまうシーンもありました。

次回もどのようなストーリーなのか…

楽しみです♪

-ポケットモンスター

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.