アニメ大好き☆おすすめのアニメを紹介しています♪

アニメン

からくりサーカス

からくりサーカス【アニメ動画】29話ネタバレと感想!

投稿日:

からくりサーカス29話ネタバレ

しろがねのやったこと。

エレオノールは勝から崖の下に投げられ、真下にいた鳴海に受け止められた。

そして、気がつくと
しろがね(エレオノール)は見知らぬ部屋の大きなベッドにいた。

ここはどこなのかと、見回していると

「体は治ったようだな。来い」

突然、部屋に入ってきた鳴海にフウが呼んでいると手を強く引かれて部屋から連れ出されそうになる。

部屋の外に控えていたエレオノールのことを『フランシーヌ様』と呼ぶ
パンタローネとアルレッキーノが、準備の時間も与えぬのかと鳴海に言うことで、

着替えることができたエレオノールは、パンタローネとアルレッキーノを両脇に従え、鳴海の先導でフウの元へ向かうが、
屋敷の中は、負傷した人や看護師、医師に子どもたちがたくさんいた。

「お前がフランシーヌ人形の生まれ変わりかどうかを、本格的に調べる」

そう言って歩く屋敷の中はエレオノールに対する怒りや憎悪で満ちていた。

「お前がゾナハ病の鍵を握るやつだということは
 ここの全員が知っている。
 お前が、フェイスレスと無関係ならフウが証明してくれるだろう。
 だが、フェイスレス側だったら。
 すべてが終わった後、俺が殺してやる」

また、鳴海に憎まれ続けるために戻ったのか・・・そう思って悲しい表情になったエレオノール。

そこへ仲町サーカスの団員たちがエレオノールの無事を喜んで駆け寄ってきた。

仲町サーカス団のみんなは黒賀村でフウから救出されたこと。
勝が味方になった人形を助けるために残ったこと。
そして、必ず帰ると言っていたことを伝えあった。

仲町サーカス団の他にも、負傷してベッド寝ている阿紫花もいた。

強い刺すような激しい怒りの視線を感じたエレオノールが見た先には、ベッドで身を起こし、
睨みつけるミンシアがいた。

 

「こんな無粋な機械で記憶を覗くのが初対面とは、不本意だよ」

記憶を読み取る装置をフウとギイが横たわったエレオノールに装着していった。

「フェイスレスが言うには、ゾナハ病を停止させる方法は君に関わっているそうだ。
 心当たりがないのなら、他に方法がない」

「ゆるせ」と言葉をかけるギイにエレオノールは「わかっています」と返した。
準備が整い「立ち合うか?」と聞くフウに「その女の記憶に興味なんざ、ねえ」

そう言って鳴海は部屋の外へと出ていってしまった。

 

6時間もの長い時間を掛けた機械での調査が終わり、部屋で休むように言われたエレオノールだったが、
何かできることはないのかと考え、思いついたことをやり始めることにした。

屋敷にいる負傷した人々に食事を運ぶこと。

しかし、エレオノールのことを不審に思っている屋敷中の人間には不快でしかなかった。

食器や食事は投げられ、割られ。

「フェイスレスは、あんた一人を狙って大事件をおこした。
 全部、あんたのせいでしょ」

ミンシアには、水差しを投げつけられてしまった。
水浸しになり、割れた水差しの欠片を拾うエレオノール。

「ミンハイ(鳴海)と一緒に戦うのは私だ。あんたじゃない」
ベッドの中で動くこともつらそうにしながら、そう言うミンシアを見て、エレオノールは瞳を揺らした。

 

「聞こえるかね。見えるかね。こちらからは、よーく見えるよ」

大画面を前に集まったフウや鳴海、ギイに向かって姿を変えたフェイスレスが話しかけてきていた。

「てめえの行動が全然わからねえ。
 なぜサハラ砂漠で俺を助けた。」

そう聞いた鳴海に、フェイスレスは、あくびをしながら特別に教えてあげるよと話しだした。

「君に見せびらかしたかったのさ。
 君の雰囲気がそっくりだったんだよ。かつて僕から、フランシーヌを奪った。兄さんにね。
 どうせなら、これから先、兄さんの見てる前でエレオノールを自分の物にしたいだろう」

「結局、エレオノールも手に入らなかった。
 もう全部、どうでもいいや。
 こんな、悲しい思いをさせる世界なんて、なくなってしまえばいいさ」

 

仲町サーカスの団員、鳴海やミンシア、ギイ達が集められていた。

「ゾナハ病の進行を早くするよう、指令を出した。
 地上のすべてのゾナハ病の人間は、2週間以内に死んじゃうよ」

フェイスレスからのメッセージ動画が映し出され、エレオノール達は衝撃を受けた。

フェイスレスがいるのは宇宙ステーション。軍事衛星もフェイスレスの居城を守っている。
たとえ、フェイスレスを殺害することに成功しても、指令を受けたゾナハ虫は止まらない。
全人類を抹殺するまで動き続ける。

フェイスレスに会って、止める方法を聞き出すしかないのだ。

そう言ったフウだったが、
「たった一つ方法がある」そう言って、
ゾナハ虫を撃退する機械『ハリー』シャトルにつけて宇宙ステーションに打ち上げる計画を話し始めた。

『ハリー』を人間の治療ではなく、外部に向けて使用した時、ゾナハ虫は半径8メートル以内に近づくことができなくなったのだ。

シャトルに乗っていくのは鳴海。

射場まで運ぶのはゾナハ虫の影響を受けにくい大昔の蒸気機関車。

射場に行くまでの鳴海と蒸気機関車の護衛を
エレオノールと一緒にいたことにより、すべての病気を治す『アクアウイタエ』を自然と吸収していて、
ゾナハ病にかかる危険性のない仲町サーカス団にやってもらいたいとフウは言った。

護衛をするという仲町サーカス団の団員達にエレオノールの記憶を見てから判断してほしいと言うフウの言葉で、
エレオノールは、その場を去ることにした。

 

からくりサーカス29話の感想

鳴海のバカバカ!!!

なんで、忘れちゃってるんだよ!!
勝に会ってもわからないのかな。
悲しい。

ギイやフウも、もっとエレオノールのこと守ってほしい。
あんなに、がんばってるのに!!!

フランシーヌ人形は、エレオノールが生まれた時に抱っこしたりしてるんだから、
生まれ変わりの訳ないじゃん!!
ギイ知ってるじゃん!!

ストーカー(フェイスレス)被害にあってる被害者が責められるのって、
最悪だよ!!

仲町サーカスのみんなだけが、優しくって仲間って感じで。
鳴海は、ミンシアとの仲良さを見せつけるような行動もするし。

なんで、ミンシアのことは覚えていて、しろがねや勝のことは忘れてるんだよ!
もう、鳴海のこと、ぶん殴ってやりたい!!

原作では、ギイとのやり取りとか、もっとあったんだろうなって
思う部分があるから、原作マンガ、読みたくなるけど、

長いんだよね!!

フェイスレス。クローンで新しい体に移ったって言ってたけど。
イケメンだろって。

元は誰だよ!!
表情が同じなら、変わらないんだよ!!

勝みたいに、自我があったらダウンロードが難しいからかな。

ダウンロードが失敗した時のために、いろいろ用意してたんだね。

前回のフェイスレスの様子で生きてたら怖いって思ったけど。
やっぱり、存在としては死んでなかったんだね。

自分勝手に人類滅ぼしてるんじゃないよ~。

そういえば、ゾナハ病は人間だけなるのかな?
ゾナハ虫をコントロールしてるからなのかな。

とりあえず、今回は、
鳴海!!!!!ひどすぎる!!!

-からくりサーカス

Copyright© アニメン , 2019 All Rights Reserved.